2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北国の狭い青空の下で

最近、やや冷え込むようになってきたな―と思ったら。
雪虫が群れをなして飛んでいるのを見てしまい、冬の訪れを否が応にも意識させられました。

さて、そんな季節故、バイクに乗れる時期もまさに秒読み。
というわけで、今の内に思い立ったところに出かけることにしました。

前々から行きたかった旭岳に出かけようかとも思ったのですが、土日と言えども幾つか予定があり、折角出かけても満喫できそうになかったので、その近くの天人峡へと出かけることにしました。

私はもちろんバイク、誘った友達は車と、それぞれの乗り物に乗って出発。
最近街乗りばかりだったので、遠慮なくぶっ飛ばせたのはとても気持ち良かったです。
心なしか、バイクもいつもより気持ち良さそうでした。

CIMG7075.jpg

途中立ち寄った忠別ダム

CIMG7078.jpg

CIMG7077.jpg

うーむ、でかい。広い。
群馬のダム見たくうまく観光地化すれば人も集まりそうなのに、閑古鳥でした。
以前から思ってましたが、北海道の行政って色々と下手。
折角良い材料がそろっているのに巧く使いこなせていない。

CIMG7080.jpg

ダムから見えた旭岳
北海道最高峰、いつかは登ろうと思っています。
これから向かう天人峡は、いわばここの谷間的な場所。

市内から約40km程、1時間少々で到着。

CIMG7086.jpg

ここが天人峡

文字通り、峡谷にある温泉街。
あまり人が来ないのか、ひなびたというか、寂れた感のある温泉街でした。

しかし、来る時季はどうやらどんぴしゃだったようです。

CIMG7083.jpg

CIMG7084.jpg

CIMG7088.jpg

灰色の岩肌に、紅葉の、そして緑のが何とも鮮やか。良い時に来れました。

CIMG7085.jpg

ひとしきり景色を堪能した後は、こちらの温泉に。

中々良い湯。この日のチェックイン時間との境目だったのか、人もおらず貸し切り状態で堪能することが出来ました。
そういえば、何だかチェックイン時間待ちっぽい年配の方々がフロントで待ってました。

露天風呂もありました。

CIMG7087.jpg

写真に撮れなかったのですが、このホテルのようにちょうど崖を見上げる位置にあり、空と岩と紅葉と緑葉のコントラストを楽しみながら湯を堪能できました。
ちなみに、写真のホテルは不況のあおりを食らったのか、潰れていました。
グランドホテルぇ・・・。

温泉の後は街を散策。

CIMG7093.jpg

CIMG7089.jpg

うーむ、これはこれでなかなか風情があります。
人里や現実から離れるには格好の場所かもしれません。
と言うか、何かに没頭するにはよさげ。
駆け落ちしたカップルとか、スランプに陥った小説家とか居そう。w

登山口への入り口でもありましたが、さすがに山登りをする時間も装備もないのでスル―。
しかし、ちらほら登山目的らしい団体さんも居ました。

羽衣の滝とやらが(いくつあんだろ)目玉のようですが、崖崩れらしく通行止めになっており断念。
まあ、そこらへん見ているだけで楽しめましたが。

CIMG7095.jpg

見返り岩。多分左上の突き出ている岩かと。

CIMG7091.jpg

CIMG7092.jpg

CIMG7096.jpg

涙岩。これは本当に自然物?と思うような風景。
岩肌が水に巧い具合に削れて~、と思うのですが確証はないです。

CIMG7098.jpg

あまつ岩。さっきの見返り岩と何が違うのか疑問。w

CIMG7099.jpg

それにしても、温泉街,谷,紅葉・・・。
これらのキーワードでこの歌が脳内再生されまくる。



CIMG7104.jpg

堪能した私達は天人峡を後にする・・・前にちょっと寄り道。

CIMG7102.jpg

CIMG7103.jpg

CIMG7100.jpg

道路わきにある駐車場からまた天人峡の岩鑑賞。w

CIMG7101.jpg

この岩は、7つあるようで七福岩と呼ばれているようです。
七個あったらなんでもそうなんだろうな。w

そして、今度こそ家路へ。
実は来る途中、空港のそばを通ってきた私達。
時間が思ったよりも遅くなってしまったので、閉まっているだろうなと思いつつ寄ってみましたら。
開いてました!!

何がって?もちろん。

CIMG7106.jpg

私の一番お気に入りのソフトクリーム屋、Cloverです。
うーむ、こんな時間までやっているとは嬉しい誤算。
温泉入って、景色堪能して、いつものソフトまで食べれて大満足でした。

きわめつけはこれ。

CIMG7107.jpg

CIMG7108.jpg

CIMG7110.jpg

こんな時間に来たことがなかったので知りませんでしたが、ここでは夕焼けがこんな風に見えるのですね。
やや雲が多かったせいもあるのでしょうが。

この日は最後まで充実した時間を過ごせました。
バイクに乗れる日は残りわずかでしょうが、時間の許す限り堪能しようと思います。
スポンサーサイト

コメント

うーーーーーーーーむ
相変わらず写真が素晴らしく綺麗です。本当に。
そちらはもう紅葉ですか。こちらの木々が色づくのはもう少しだけ先かな。
私が好きなのは、新緑の季節と、この紅葉の季節。
こちらの紅葉の名所は大分の耶馬溪かな?
今年は撮影に行こうかな。コンデジだけどw

>やまさん
被写体が良いですからね。w
こちら、秋は一瞬なので機を逃すとすぐに終わってしまうのですよ~。
気候的に激しいですからね、暑さも寒さも。

>>コンデジ
私もコンデジですよ~。でも凄い気に入っています。
日常生活から、レジャーまでなんにでも使えますから。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://huzaimahou.blog.fc2.com/tb.php/56-e247c92c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

佐々木四郎

Author:佐々木四郎
自称、欲望の肯定者。
バイク、特撮、アニメ、ゲーム、漫画、音楽、運動もそれなりに好きという何でもありの節操無しです。
人生楽しんだ者勝ちという、ポリシーを胸に今日もバイクで北の果てを行きます。(注:冬季除く)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (45)
一般ゲーム (1)
音楽 (4)
趣味 (51)
PCゲーム (9)
占い (1)
映画 (3)
書籍 (1)

ブロとも一覧


やまさんのお気楽雑記帳 2nd season

とろろろ・おろろ

検索フォーム

訪れたお客さま

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。