2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北の国の坂の街から

お久しぶりです。前回から大分間が開いてしまいました。
まあ、あまり話題に出来ることも最近やってないのですが。

今回は写真も少ないので、サクッと行きます。

この間の週末にちと小樽に行ってまいりました。
旅行、ではなく合気道の交流会です。
私の所属しているサークルは小樽の合気道サークルと仲が良く、年に一度は交流会を行っています。
互いに行ったり来たりで、今回はこちらが出向く側と言う訳です。

一度軽く寄ったことはあるものの、実質まともに行くのは初めて。

例によって、先輩の車に便乗して悠々小樽へ。

CIMG4681.jpg

CIMG4682.jpg

海を見るのは函館以来。
坂の街と言われるだけあって、自転車乗り殺しの坂が多いです。w
勾配10%とか・・・開陽台の坂ぐらいあるんじゃなかろうか。

到着して余裕があったので、食事に観光へ。
回転寿司、うまかでした~。

CIMG4685.jpg

CIMG4676.jpg

CIMG4667.jpg

しかし、回って思ったのが「函館に似ている」。
港町であるからとか、倉庫群が有名だから、だけではなく。
建物の並び具合、洗練され方、空気と言ったもや~としたものがです。

CIMG4689.jpg

ここなんて、北海道なら大抵どこにでも有る六花亭ですが、史跡の倉庫を流用しているらしく雰囲気は段違い。
こうした倉庫群が並ぶ通りも歩きました。

多分、そういう細かいこと全ては『歴史』に集約されるのではないかと思います。
函館も小樽も、古く江戸時代からある町。
人が長く住んでいるが故、どういう町であれば暮らしやすいかが分かり、その通りの形になっているのではないかと。

こう思うものも、私が今住んでいるところが歴史的には浅く、外面ばかりで薄っぺらい感じを覚えるからでしょうね。(言い過ぎ)
それはそれで、良い点もあるにはあるのですが。

CIMG4673.jpg

お約束のソフトクリーム。今回は雪印パーラーの。

CIMG4665.jpg

昆布屋さん。

CIMG4674.jpg

しかし、いつも謎な看板が・・・。w
周りがガラス工房やら、スイーツの店ばかりでお父さんが退屈しそうだからということらしいです。

ある程度回ったところで時間になったので、合同練習に。
普段は触れ合わない、合気道の技に触れて面白かったです。
やっぱり、ちと違う。でも、その形はこっちでも活かせそう。

練習の後は、当然のことながら夜の部こと、宴会。w

CIMG3198.jpg

場所は、鶏肉料理で有名な「なると」。

ここの何が有名って、鶏一羽が丸々半分出てくるところでしょう。w

CIMG3200.jpg

腿・胸・手羽と全部付いています。

二次会居酒屋→三次会カラオケと夜中まで宴会を続け、解散。
翌日は朝遅めに起きて、観光しながらの帰路につきました。

CIMG4691.jpg

途中寄った札幌で食べた「タイガーカレー」のスープカレー。
激戦区だけあり、スープカレーのレベルは高い。
めっさ美味しかったです。

更に、札幌で有名なパン屋、ボストン。
ネタ的に連れて行ってもらったんですが、パンのでかいことでかいこと。

CIMG4695.jpg

最近諸事情により、焼きそばがずっと昼食の私はたまにはパンでもと。
ネタがてらに買ってみました。

CIMG4696.jpg

具も意外にたっぷり。味も良かったです。
こっちにもあればよかったのに。

なんだか、今回は食べて遊んでばっかりいた気がします。w
と言うか、とりとめもない日記になってしまった~。
やはり、もっと写真はまめに取らないと駄目ですね。
スポンサーサイト

コメント

小樽、ここも懐かしい!!^^
ここも慰安旅行で行ったんですよね~。
でも、倉庫群くらいしか覚えてないんですよ。
“坂の街” のイメージもまるでない。
港町での宴会なのに、鶏肉料理での宴会というのも面白い!!w
しかしですね?
宴会の筈なのに、ちょっと豪華な昼食風景に見えて仕方ないのですがw

>やまさん
倉庫群から離れてますからね、坂。w

>>昼食風景
鋭いですね。w
これは、前に行った時の写真流用しています。
出てきた鶏肉は同じですけどね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://huzaimahou.blog.fc2.com/tb.php/40-d8725518
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

佐々木四郎

Author:佐々木四郎
自称、欲望の肯定者。
バイク、特撮、アニメ、ゲーム、漫画、音楽、運動もそれなりに好きという何でもありの節操無しです。
人生楽しんだ者勝ちという、ポリシーを胸に今日もバイクで北の果てを行きます。(注:冬季除く)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (45)
一般ゲーム (1)
音楽 (4)
趣味 (51)
PCゲーム (9)
占い (1)
映画 (3)
書籍 (1)

ブロとも一覧


やまさんのお気楽雑記帳 2nd season

とろろろ・おろろ

検索フォーム

訪れたお客さま

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。