2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生食、本部道場に行く

昨日、私は合気の先輩に会ってきました。
私が帰省し、その方も帰省していたので、こちらで会おうというお誘いを受けたからです。

ここで言う合気とは、所謂合気道ではなく、大東流合気柔術という流派です。
合気道の源流であるとか、色々と謂われのある流派。(でもマイナーらしいです)

駅で待ち合わせをして、街をぶ~らぶら。
そして、解散ぐらいの時刻になって、本部道場へと攫われました。

まあ、合流してすぐに、「じゃあ、夜は本部道場行こうか」と藪から棒に言われました。
え・・・。
もちろん私は聞いていないし、心の準備も道着の準備もしていません。
その旨を伝えると。
大丈夫、二人分持ってきてるから。
実にさわやかにのたまわれました。

準備良いですな・・・。というか、最初っからそのつもりでしたか・・・。
要するに私は嵌められたようです。

本部道場、私が北海道で教わっている先生のそのまた先生がいらっしゃるところ。

大東流合気柔術の知名度は多分、それほどではないだろうけど、この先生は有名なようです。
主に海外で。
この日も昼間は防衛大学の卒業式で、スピーチしてきたとか。

一度向こうでお会いしたことがあるんですが。
雲の上レベルなのでビクビク。
加えて、本部道場と言うと先輩方が皆口を揃えてその厳しさを語る場所。

私レベルで行っていいものか・・・。
しかし、先輩の強い勧めを断れず行くことに。
まだ初心者レベルだし、その間にしか出来ない質問もあるからということでした。

場所は、新小岩の奥。

CIMG3332.jpg

道中撮ったスカイツリーと夕焼け。

本部道場と言う仰々しい名前の割には普通の建物でした。
というか、知らずに通ったらまさか武道の道場とは分からないだろうな。

入って、その先生にお会いしたのですが、なんでもこの日はブルネイからの客人やって来ているので会いに行かなければならないということでした。
ほっとしたような、ガッカリしたような・・・。
というか、ブルネイとまで関係あるってどんだけ。

なんでもその先生は、師から世界に流派を広めてこいみたいに言われたらしく、それで海外飛び回って広める活動をしていたらしいです。
そういえば、この間もロシア行ったとか言っていました。
そのことに関して、幾つか話も聞かせていただき、大変ためになる時間でした。
まあ、正直私には難しい話でしたがね・・・。

とりあえず着替えて、近所の小中学生の子を教える時間の少年の部に参加しました。

小学生と言えども、経験は5年。
そして普通に私よりも巧い。技の進度も上。
でかいなりしてちと情けない気分に・・・。

加えてこの時、親指の爪を畳に引っかけて割ってしまいました。
血がドピュー。いえ、大したことないですけど。
おかげで情けなさ倍増でした。

少年の部の後に、青年の部があったのですが、それは流石に断って帰宅。
やや消化不良の気分でしたが、やっぱりまだまだまだなんだな~と痛感。
北海道戻ったらもっと練習時間を増やして、もっと精進しようと思ったのでした。

来週合宿ありますし。
スポンサーサイト

コメント

大東流合気柔術ってマイナー?
俺が武術好きだからなのか、メジャーだと思っていましたw
武田惣角、植芝盛平・・・伝説の名人の流派だし。
練習、頑張ってください^^

>やまさん
まあ、合気道と比べるとマイナーな部類らしいです。
確かに個人名出すとあれですよね・・・。
今の大河の西郷頼母とか~。

>>練習、頑張ってください^^
頑張ります~。
何もかも出来ませんから、一生懸命ぐらいしかないですしね。w

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://huzaimahou.blog.fc2.com/tb.php/20-f7eaa486
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

佐々木四郎

Author:佐々木四郎
自称、欲望の肯定者。
バイク、特撮、アニメ、ゲーム、漫画、音楽、運動もそれなりに好きという何でもありの節操無しです。
人生楽しんだ者勝ちという、ポリシーを胸に今日もバイクで北の果てを行きます。(注:冬季除く)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (45)
一般ゲーム (1)
音楽 (4)
趣味 (51)
PCゲーム (9)
占い (1)
映画 (3)
書籍 (1)

ブロとも一覧


やまさんのお気楽雑記帳 2nd season

とろろろ・おろろ

検索フォーム

訪れたお客さま

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。