2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「虚ノ少女」感想

いやっと終わった・・・。
終わって達成感とか何よりも、とりあえず疲労するってどうなんだろ。w

知る人ぞ知る、エログロゲーメーカー。Innocent Grey
の最新作で、前々作の「殻ノ少女」の続編。
まあ、あまりグロいと思ったことはないのだけど。
絵師が絵師なだけに、円山応挙の幽霊絵でも見ている気分でグロ絵を見る私。

それにしても、本当に三部作だとは思わなかったな・・・。
てっきりスタッフも忘れてるものだと。

まさか、ここに来てデビュー作の「カルタグラ ~ツキ狂イノ病~」とまで関係してくるとは・・・。
忘れてたわ。完っ全に忘れてたわ。
どんだけ前だよ?7年も前だよ。
繋がっている前々作、「殻ノ少女」ですら大分うろ覚えだというのに。
とりあえず、犯人と結末ぐらいは覚えているけど、人間関係とかすっかり忘れた。
誰それが親子で~、とかばっかりですもの。

しかし、それも無理ないのか。
調べてみたら、直前の「クロウカシス 七憑キノ贄」すら、4年も前。
と言うか、それまでは1年に1作は出してたのか。

構成:
ほぼ一本道。でも、2周する必要あり。
選択肢間違えたり、好感度低いとBADに派生。

シナリオ:
ミステリー物を連発しているのはここぐらいなので、毎度やるのですが。
今回もミステリーとは言えない出来で、微妙。

犯人早い段階で分かっちゃうし、つか選択肢が他にない。
推理させる余地がないんですよね。推理パートもあまり意味ないし。
証拠品も、集めさせても実際に使うことない。
これなら純粋ADVにでもすれば良いものを。

結末も、火サスみたいなんはもうええっちゅーねん。
ミステリーではなく、せいぜいが確かにサスペンス。

ダブル主人公・・・というほど一方は活躍していないような。
どちらかと言うと助手だけにワトソンかな。
視点が増えたことで、2局同時進行が出来て面白くはなったものの。
こいつら、情報の摺り合わせをしないから、とっくに知られていることに今更驚いたりして進行が遅い。

いっそのこと新主人公を完全にメインに据えて、前々作からの主人公はサブキャラ扱いにした方が良かったんじゃ・・・。
と思うぐらい、前々作の要素が足枷になっている気がする。
まあ、関係者の何割かは継続してるし、やりやすくはあるのでしょうけど。

一応断りはいれていたとはいえ・・・。
ABO式血液型如きでドヤ顔すんな。
あれは、一部例外には当てはまらない。間違っても、物的証拠にはならない。
突然変異によってエピトープに異常が起きれば、家系図通りにならないことだってあるのだし。

いや、戦後直後ならどうなんかな~。
微妙だから、根拠にしちゃうのかもしれない。
まあ、そもそもが証拠集めて犯人糾弾という形を取っていない以上大したことではないと言えばそうなのですが。
正味イラッと来る。分かりやすいのは確かだけど。

今回は前々作と違い、もろに次に繋ぐTRUE ENDだったなー。
というか、結局前々作と繋がりがあるのって、最後少しだけだったわけだけど。
あんな終わりにしたんだから、3作目はよ。はよ。

そいと、戦後なのにいちいち(現在の)時事ネタ挟まれるのは冷めるからやめれ。

キャラ:
私が気に入ったキャラはロクな目に遭わない法則。w
出てくるのはどいつもこいつも、被害者か犯人かと思った方が精神的に楽でしょうね。

兄貴の毒牙にかかっていない妹キャラと言うのはこの業界では希少なので、紫っちには次もこのままで居てほしい。
今回は前作よりも大活躍してたけど。もう、3人目の主人公かってぐらい。
やっぱり、前作のような目に遭ってたが。

八木沼さんがずいぶんと丸くなってて噴いた。
今回だけ見れば、ツンデレかギャグキャラ。
前作までは、心底「こいつ早く被害者にならんかな~」と思ってたというのに。
どうしてこうなった。
まあ、嫌いじゃないんですが。ある意味一番安心して見ていられるキャラだし。
作中では嫌われているのに、スタッフには愛されているようです。

前々作もそうだった気もするけど。
出てこなかったキャラにも声つけてるのは、ミスリードなのかな。

まあ、でも速攻で殺されてましたが。
後、OHPのイベントCGでネタばれしまくってるから、正味この程度何の意味もない。

そして、電話一本で済む話を、わざわざ面識のないキャラにさせて、それぐらいしか出番がないってキャラの無駄遣いだと思うんだ。

絵:
クオリティは相変わらず高いのは良いけど。
キャラの顔が面長になった印象。
前作もそうだったと言えばそうだったけど、前々作と登場キャラが被ってるから余計そう見えますな。
そういや、今回は言うほどグロいの無かったな。前々作がアレだっただけか。

システム:
スキップ遅!!!これに尽きるかと。
というか、選択肢ちょびっとなのに、シナリオジャンプがないとか終わっている。
とか言ってたら、修正ファイルでつけてた。
CGも回想も登録されないけど。意味ねぇ~。
この辺は頑張ってほしいところですね~。
暇のあまり、モンハン2Gやってましたよ。勲章何個も取っちゃいましたよ。
マジで数時間はスキップに消えてました。

あまりに不評だったのか、前作の推理モードは形しか残らず。
超絶面倒だったのは確かですがね。
日本一ソフトウェアの「雨格子の館 一柳和、最初の受難」を思わせるシステム。
完成させてくると思ったんだけどな~、残念。
まあ、あのゲーム自体面倒過ぎて、2個目の殺人で早々に解決して以降やる気起きないんですけどね。
もちろん、動機やら隠された謎やら完全放置です。

一応、会話の流れで証拠出したり、犯人とか関係者の名前を選んだり、現場検証とかしますがね。
ぶっちゃけ要らない。
つか、こんなのわかるか!!!というものが正解の物もあり、著しくうんざりします。
理詰めが当たり前のミステリーで、論理的でないものを選ばせるな。
忘れてた・・・ここのはどう考えてもミステリーじゃないんだった・・・。
攻略見る限り推理間違えても関係するところは僅かなようですし。
最早何がしたいのやら~。

音楽:
BGMは、もう飛ばしてる時は聞いてすらいないので覚えてません。
ボーカル曲は3曲。
内2曲が作曲:MANYO&唄:霜月はるかコンビで、四郎歓喜。

でもOP曲の「虚ノ月」はあまり好みでは無いですね。



ED曲の「ソレノイド」はちょっと来た。

総括:
過去編がっつりやったりと、前々作よりも入り込み易くはなっているけど。
その、前々作のを引き摺ってる感じがあの兄妹から見えない。

ここまで来た以上は、終わりまで見守る所存。
あまり期待はできませんが。3作目は早く出してほしい。

前々作だと、「主人公、おっさんだな~」と思ったものですが。
今作で自分と年齢が迫ってて噴いた。
次回だと、40過ぎの本当におっさんになっているだろうけど、自分の年齢が超えてたら最早笑うな。w
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://huzaimahou.blog.fc2.com/tb.php/18-124a27ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

佐々木四郎

Author:佐々木四郎
自称、欲望の肯定者。
バイク、特撮、アニメ、ゲーム、漫画、音楽、運動もそれなりに好きという何でもありの節操無しです。
人生楽しんだ者勝ちという、ポリシーを胸に今日もバイクで北の果てを行きます。(注:冬季除く)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (45)
一般ゲーム (1)
音楽 (4)
趣味 (51)
PCゲーム (9)
占い (1)
映画 (3)
書籍 (1)

ブロとも一覧


やまさんのお気楽雑記帳 2nd season

とろろろ・おろろ

検索フォーム

訪れたお客さま

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。