2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北国の雪山

最近修羅場ってましたが、ようやく終了~。
いや~、これからのことを考えるとまだまだらしいでけどね~あれでも

とまあ、愚痴るのはここまでにして。
気付けばカウンターが100を超えてました。

いやっふー!!!

でも、誰か分からね・・・。
訪問者リスト見るとFC2ブログやってる人ではなさそうなので、リアル友人かふらりと訪れた旅人か。
カウンター使いこなせてないので分からず。何とかしないとな~。

それはそうと、ちょっとこの北国で登山に行ってきました。

いや、何言ってんのお前・・・と突っ込みが入りそうですが、行ったものは行ったのだから仕方ない。

行った山の名前は雲居山
標高400mちょいの、低い山です。

折角の北国、どうせなら雪山も体験しようと思った次第。
つか、サークルの長が企画してたので乗っかりました。w

以前の昭和炭鉱でスノーシューズこと、カンジキも既に持っていたのでこれと言って用意するものもありませんでした。
しかし、場所は雪山。経験者の助言に従い、スキー用のストックも念のため装備。

朝8時半に集合し、車に乗って出発。
実はこの企画、前の週に行う予定でした。
けれど、あまりの猛吹雪で路上で断念してました。
だって、街中でホワイトアウトしてるんだもん・・・。

今回の天候もそこそこ陽は射しているものの、天候は曇り。
(いつも通り)雪もちらついておりました。
でも決行。実は結構、先週のドロップアウトが悔しかったらしい(私含む)皆。

旅は順調。運転しているのは山登りの先輩ですけどね。
そうそう、その先週の断念した道中で知ったのですが。
雪でガタガタの道って酔います
恐らく、揺れるせいなのだと思いますが。

そして、黙して居ましたがこの時も結構気分悪かった。
何とか耐えて到着。

CIMG3103.jpg

で、ごらんの有様。
登山道に至る道が雪で塞がれて閉鎖されております。
来る途中にも除雪車に遭って通してもらったんですがね。
その雪、ここにおいてるみたい。w

車を降りて、登山道までも歩くことに。
まあ、良くある話です。

CIMG3105.jpg

長はスキー、他のメンバーは皆スノーシューズにストックで出発。

登山道までは楽でした。流石にあの昭和炭鉱ほど前人未到の地ではないですからね。
実は、結構人が来ているそうな。
隣の同じぐらいの低山では山スキー目的の人が大勢来るらしいです。
こちらは、木が多くて相対的に少ないそうで。

なんにせよ、踏み出した足が膝上まで埋まるということがないのは良いことだ。
先頭にたってもそれほど負担でないというのはありがたいです。

しかし、私は失念していた・・・仮にも私達が行くのはだということを。

雪の障害が幾分か減っているとはいえ、その上に山道となるとやはり勝手が違いすぎました。
結局、前回同様スキーウェアを脱ぎ捨てて歩く私&メンバーの何人か。
でもストックの効果は絶大でした。初めの内は邪魔でしかなかったのですが。
埋まった時、及び急斜面を登る時に大活躍でした。
と言うか、無かったら登れなかったな、あの雪壁

CIMG3106.jpg

しかし、低いとは言え山は山ですな。
天気が良かったらもっと良かったのですが・・・。

CIMG3110.jpg

そして、だんだんと視界が悪くなる罠。
帽子やフードしてなかったら、張り付いた雪が凍ってたんだぜ~。
樹氷の如く~。

で、あまりにも吹雪酷い・時間かかる・皆疲労困憊で結局リタイア。
く~や~し~い~。

その後、急斜面でビバークの練習に雪洞掘ったりしてました。
なかなか楽しかったです。

CIMG3122.jpg

そして失意の下山後は恒例の温泉。

今回は龍乃湯温泉。
鉄が溶け込んでいるので、真っ赤っか。
つか、鉄さび臭い。タオルつけると黄土色に変わるらしい。

に入った後解散。正味眠くて、速攻寝まして今に至ります。
いつか、またリリベンジしたる。
スポンサーサイト

コメント

これほどハードな状況ではありませんでしたが、私も一度雪山体験があります。
当たり前っちゃあ当たり前なんですが、まるで違う山になりますね。
そこは広島の比婆山山系。神様のお墓があるという山。
そのお墓、大きな岩なんですが、雪がないときは自分の背よりも高く目の前にどーんとあるんです。でも雪が降ると雪に埋もれちゃう。
気づかずに神様のお墓の上に立ってましたからね^^;
慌ててコースを変えて謝り倒しましたw

ビバークの練習に雪洞掘り、楽しそう!!
こちらでは絶対にできない遊びです。羨ましい!!

>やまさん
そらそうなりますよね。w
私も、スキーで行った山の上のお地蔵さまが雪で埋まってました。
しかし、橇に乗った賽銭箱があったので、そこにあると分かりましたけどね。

>>ビバークの練習
途中からビバークの練習ではなく、掘ること自体が楽しくなってました。www

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://huzaimahou.blog.fc2.com/tb.php/15-c01c9923
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

佐々木四郎

Author:佐々木四郎
自称、欲望の肯定者。
バイク、特撮、アニメ、ゲーム、漫画、音楽、運動もそれなりに好きという何でもありの節操無しです。
人生楽しんだ者勝ちという、ポリシーを胸に今日もバイクで北の果てを行きます。(注:冬季除く)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (45)
一般ゲーム (1)
音楽 (4)
趣味 (51)
PCゲーム (9)
占い (1)
映画 (3)
書籍 (1)

ブロとも一覧


やまさんのお気楽雑記帳 2nd season

とろろろ・おろろ

検索フォーム

訪れたお客さま

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。