2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「キミへ贈る、ソラの花」感想

最近風邪ひいて思うこと。
サングラスにマスクって理に適った格好だと思うんですよ。
特にこんな雪国だと。

だって、陽光を反射する雪が眩しくてたまらない。
そして、風邪だからマスクは手放せない。
だから、怪しい目で見ないで欲しいな~。

まあ、私も見てしまうと思いますが、そんな人がいたら。

閑話休題


さて、尖ったものが好きだと言ったばかりですが。
たまには丸い物もやりたくなる私。
だって、尖ってるのが当たり前すぎると、尖ってても尖って見えなくなると思うんだ。

そんな訳であまり尖ってなさそうなものを選ぶ私。

ちなみに私がゲームを選ぶ基準はいくつかあります。

実はこっち方面、年に2,3百ぐらい出ています。
さて、その大量のゲームの中から如何に当たりを引くかは結構重要。
まさにピンキリなもので。

で、私の場合大抵はスタッフ買い又は、ブランド買い。
それで痛い目見たこともありますがね~。
一番手堅いっちゃ手堅い。

ちなみに今回選んだ基準はズバリ歌買い
ぶっちゃけると、一番はずれを引きやすい基準と言えなくもない。

何故なら、どこも自分で作らない部分だから。
完全外注だから。
歌=作品ではないですからね~。多少は反映されはするでしょうけど。

その点、今回はやや期待が持てる点が一つ。
作詞者=ライター
これは・・・過去の経験から照らし合わせるとプラス要素。

正味、歌だけでもう満足した気分でした。
だって、このコンビ好きだし。
どうせアルバム出るだろうと思うと、勿体ないっちゃ勿体ないですが。

しかし、今回は歌負けしてませんでした

構成:
5ルート構成。+おまけ、一個だけ後日談。
別ENDもしくは、BADEND所々あり。
北南西東の順序が一番良さげ。選択肢の順序見るとそう出来てますね。
真中?別にどこ入ってても良いような。
最初からルート固定しとけば良いのに・・・。
見事に逆方向にやっちまった私。

シナリオ:
一言で言うと幽霊物。
幽霊物はいくつかやりましたが。
大体において、行き着く先は決まっております。

1.成仏(消滅)END
2.転生(復活)END
3.現状維持END


ぐらい。
物によっては、1と2は同じだったりもする。

基本、このジャンルは必然的に泣きゲー。
まあ、キャラ死なせて泣かせにかかるよりかは良いと思うんですよね、個人的に。
だって、もう死んでるし。

しかし、幽霊物に関しては以前から思っていたことがあります・・・。
それは・・・濡れ場入れんな
幽霊なんだから。ここ重要、幽霊なんだから!!
無理やりやるなよ。だからこそ、と繋げられるのに。
いや、分かってますよ、必要なんだって。そういうゲームなんだし。
でも、かゆい所に手が届かないからこそ良いものだってあるじゃないか~と主張してみる。

ここで大体御都合設定が出てきてなんだかんだで可能になる流れ。
今回もそれは変わらず。
まあ、その設定は他で巧いこと使ってましたが。
やっぱルート固定にしろよ・・・。

まあ、幽霊物そのものへの批判は置いといて。


話の舞台は幽霊の学校。

斬新だ~。
いやー、あるのかもしれないけど、少なくとも私はやってない。
しかし、この学校1年持たないだろこの調子じゃ。

クラスメイトがいきなり悪霊化して襲いかかってくるとか・・・。
毎日がサバイバルだな。表現は悪いけど、猛獣の檻に居るようなものだろ。
対処法教える前に、死人が出そうだ。

と、リアル思考は置いておく。
気にしすぎると楽しめないので。
リアルはリアル、ゲームはゲーム。

しかし、幽霊の危うさを押し出してきたのは割と珍しい。
あるにはありましたがね。踏みとどまってはいたけど。

そのおかげで、幽霊って存在の異質さが浮き彫りに。
いや、もともと異質だけどさ。
基本、普通の学園物と空気が同じなので、こういうのがあると大分違う。

ゲームの良い所って、「もしもこうしていたら~」のifの話が作れる点ですよね。
どれがハッピーでバッドか、解釈も決定も読み手側に担わせられる。

このゲームだとそれをフルに生かしている。
幽霊への接し方というか考え方が2通りある。
そんで、それぞれで人間ENDか幽霊ENDかになる。
プラス、どれでもないEND一つ。

まあ、キャラでやり方が異なるので、あのキャラとこうなりたかった~~~。
ってな要望には応えられませんがね。
さすがにそれやられるとEND多すぎだろう。

それでも、幽霊を題材に出来ることは一通り試している点は良いな。

このライターは、生まれ変わり否定派なんかな。
成仏して、数十年後~のエピローグが皆無。今までやってきたのは全部あった。
その辺はご自由にって感じなのでしょうが。
それしかまともなED無いのも居るし。

幽霊物で現状維持がハッピーって、割と珍しい。
まあ、どう考えても非生産的この上ないですからな。

でも、それはそれでアリなんじゃないかと思う私。
だって、死んだらどうなるか分からないんだし。
成仏したからって、生まれ変われるかなんてもっと分からんし。
今を大事にしようという考え方もありですよね。

生物としてはどうなのか?と思わないでもないですが。

そんな感じなんで、あんまり泣きゲーっぽくない作り。
感動、最後の最後ではやられたけど。そこそこって感じ。

恋愛描写はぶっちゃけ少ない。
まあ、そっちが主題じゃないから、私は良いや。
展開はやや強引なところあり。あと、イベントと日にちがぶつ切りすぎ。
もう尺の関係のせいと割り切っているので許容。


このライターはしかし、他者依存型キャラ作るの巧いな~。
前作もそうだったけど。

他者依存≠恋愛と考える私。
恋愛関係ってのは、少なくとも対等の立場同士でこそ成り立つ関係だと思うので。
だから、近親ネタはあまり好きではないのです。
まあ、そこに踏み込みまくったのは嫌いではないですが。

これだとヤンデレが更生した後、告られても断ったのには萌えた。
この点では考え方近いのかも。

キャラ:
雪花、なんかもう一番夢中になったルート。
だって一番尖ってたんだもん。キャラとしては一番強いような一番弱いような。
雛菊、痒い所に手を届かせてくれるキャラ。
至極まっとうな突っ込みをいつも入れてくれる。
こういうキャラいないと話進まない。w

絵:
ここの制服の上着は、胸が一定以上になると収納できない仕様なのか。
欠陥品じゃないのか。というのは置いといて。
前作とがらりと変えたなぁ~、塗り。
ええ、私は大好きです。
キャラデザも正直、この原画家のが好き。
さえき北都絵では確かにこの塗りは合いそうにないな。
ヤンデレ絵がこええぇぇぇ・・・。
しかし、画面全体の雰囲気が明る過ぎるので、正味ちょっと浮いて見えるんだぜ~。

音楽:
OP「キボウのソラ」が好きすぎて辛い。
もともと歌手:霜月はるか&作曲:MANYOコンビは大好きですがね。
歌単体でもかなり好きだったのに。やった後は更に歌詞が胸に来てやヴぁい。



「ハナのオト」もやヴぁい。




どっちもゲーム内容とリンクしすぎてヤヴァイ。

しもつきんに関しては、別に今度書く予定。

BGMはピアノ中心のしっとり系。
曲数少ないけど、あと前作で聞いたような曲もいくつかあるけど。w
BGMらしく、あんまり自己主張しない耳触りの良い曲ばかり。
まあ、尖ってないですが。この場合は尖ってなくて良い。

「広い空の下で」、「ふたり、手を繋いで」がお気に入り。

総括:
期待をいい意味で裏切られた。
ひたすら、幽霊をテーマに突き通した一作。
個人的にこういうの大好き。
完成度もなかなかのもので、良作ですわ。
今んとこ、私がやった幽霊物では一番の出来ですね。
まあ、そうはないジャンル(?)ですが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://huzaimahou.blog.fc2.com/tb.php/10-fd9c29d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

佐々木四郎

Author:佐々木四郎
自称、欲望の肯定者。
バイク、特撮、アニメ、ゲーム、漫画、音楽、運動もそれなりに好きという何でもありの節操無しです。
人生楽しんだ者勝ちという、ポリシーを胸に今日もバイクで北の果てを行きます。(注:冬季除く)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (45)
一般ゲーム (1)
音楽 (4)
趣味 (51)
PCゲーム (9)
占い (1)
映画 (3)
書籍 (1)

ブロとも一覧


やまさんのお気楽雑記帳 2nd season

とろろろ・おろろ

検索フォーム

訪れたお客さま

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。