2013-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北の国で春山

ついに・・・ついに!!
バイク復活!!!
久々の感触、やはり良いですな。

しかし忙しくてろくに乗れない・・・orz。
まあ、実はまだ寒いですが。


昨日久々に登山に行ってきました。
まだまだ山には雪が残っておりますが、低い山ならもう行けるレベル。

CIMG3565.jpg

幸いにも天気には恵まれました。ここのところ雪降ったり、雨降ったり・・・。
マジで晴れ男にクラスチェンジしたのでしょうか。

登りたるは近文山という、低い山。
とは言いつつも、雪がそこそこ残っているので、高さ以上に疲労しました。

CIMG3568.jpg

途中にある嵐山(と言われている)の展望台。
やはり見晴らし良いな~。

CIMG3569.jpg

雪を被った大雪山は綺麗です。
雪がもっと解けたら登りたい。

しかし雪道は思った以上に厄介でした。つか、溶けかけのせいですか。
地表のは融けていたらしく、トラップの如く足がハマることハマること。
ま、私は体重重いからなおさらですね。

CIMG3573.jpg

そうこうして、1時間ほどで山頂(やっぱ低い)。
でも、山歩きはやはり良いですな。久々でちょっと疲れましたが。

CIMG3575.jpg

山頂で見えた虹。
虹も撮れるか、このカメラは。

CIMG3576.jpg

更には、名前知らないけど蝶々も

まったりと休憩して、食事した後に下山しました。

CIMG3583.jpg

下山途中で見つけた、鹿の食事後。
この山は鹿が多いらしく、所々夥しい数の糞が落ちてました。
そして、クマも出るとも・・・。今回も無事で良かった。

下山したところは野草園になっています。
去年花盛りのときに来ましたが、ことしはまだまだ。
とはいえ、いくらか咲いておりました。

CIMG3584.jpg

座禅草に

CIMG3585.jpg

福寿草と蕗の薹。

バイクも復活したことですし、今年も自然満喫しますか~。
忙しくない時限定ですが・・・。
スポンサーサイト

北国から春の足音2

どうも、お久しぶりです。
今日は久々に走ってきました。

ようやく春めいてきて、河原の雪も解け、いつものコースに戻れるように・・・。

CIMG3561.jpg

なったと思ったらこれだよ!!!

相変わらず春は近づいているような、まだまだ遠いような・・・。
この調子だと、GW超えますな、桜。

CIMG3562.jpg

CIMG3563.jpg

しかしその一方で、活発に動き回るコアカゲラ
春に備えて巣でも作っているのか、そこかしこで木を掘る音が聞こえます。

虫も出てきてますし、何だかんだで森も川辺も賑やかです。
が降ってても。

さて、今日は私は居合道の練習の日でした。
昇段試験まで残すところわずか1週間あまり・・・。
失敗しなければ落ちないとは言われたものの、緊張する~。

休憩時間中に先生から面白い話を伺いました。
守破離という言葉についてです。
弟子は師に学んで教えをり、その枠をって、れていくべきであるという意味らしいです。
早い話が、俺を超えていけ!!ってことなんでしょうね。
またひとつ、賢くなった。w

練習の後は食事に。

CIMG3564.jpg

先輩にはじめて連れて行ってもらった店、鳥肉が有名だそうで。
評判通りのおいしさ。肉がジューシーでとても柔らかく、美味しかったです。
御飯もお代わり自由。w

誰かこっち来たらここ連れて行こう。店の雰囲気の割に値段も手ごろだったし。

北の国で武道演武会

1週間ほど、放置の間に400突破しました。
皆様、ありがとうございます。

ですね、出会いと桜の季節の春ですね。
そろそろだろうと、バイク復活する手続きを取ってます。

そしたらやっぱりが降るんですよね~~~。www
もう、嫌だこの町。www

恥ずかしながら、私がやってきました・・・。
居合道と、合気道とで・・・。

ええ、もちろん私ごときが無理だと思いましたがね。
他に居ないから、というかまあ、「一番練習来ているから」だからだそうです、はい。

それなりの練習はしましたが、空き時間使ったり、休みの日にも練習打ち込んだりと。
試験と同様に、こういうものは幾ら練習したところで“絶対”は無いもの。

居合道は一番最初なので、大急ぎで着替えて準備。
出てきて最初に目についたのは、先頭を占める女性陣でした。
つか、マジで女性ばかりでした。

いや、そりゃ女性でも初心者でもって売り文句だったけど、ここまで来るか!?
ってぐらい、女性ばかりでした。

正味この時点で大分及び腰、つーか逃げ出したかった。

技は何とかつつがなく終了。
散々やってただけに、無心で何とかなりました。

その後、帯を代えるために袴を脱ぎ、袴履くとトイレ行けないのでトイレに行き、袴をまた履いて再びスタンバイ。
予定よりもだいぶ早い、最後の演武は合気道。

こちらの方がある意味で緊張します。
何故なら、居合道と違ってちゃんと相手居るので。
とはいっても、一緒に散々練習した先輩なので、最悪示し合わせてごまかす程度は可能でした。

こちらも、微妙に手を取れなかったりしましたが何とか終了。
曰く、「カッコよかった」らしいですが、何だか私個人としては不満の残る内容。
やはり、緊張でいつも通りの力が発揮できてなかったのかもしれません。
居合の昇段試験の、良い予行演習になったと思いましょう。

さて、何だかんだで10人も合気道・居合道に興味持ってくれてました。
わー、あんな勧誘していたのに来るんだな~~~。
と、酷い勧誘の仕方をしていた、らしい、私は思いました。

その後、食事。
去年も行った、イオンモールにあるイタリアレストランのビュッフェ。
デザート類が豊富で、味もなかなかの良いお店です。

最近、道場内で私のキャラが大食いキャラに認定されているんですね~。
んなに言うほど食べてないと思うんですが、まああれですか。
意地汚く食べているからそう見えるのかもしれません。(自虐)

何だかんだで会話して結構うまくやれていたと思います。
山にも興味持っている子とか、バイクに興味のある子とか、仮面ライダー好きな子とか。w

入ってくれたら楽しくなりそうです。
とりあえず、先輩としてあまり恥ずかしくない行動を心掛けないとですわ。
それにはもっと練習しないと・・・。

北国で愛刀を手にする

ふふふ・・・ついに・・・ついに!!
手に入れました、私専用の!!!

きっかけは、居合の先生からのお報せ。
6,7万の中古の居合刀が、2万で買えるという内容でした。

新品の居合刀が3万円なので、どう考えてもお得。
私は1も2もなく購入の仲介をお願いしました。

先輩もこれ、欲しかったらしいですが、既に自分の刀持っていたので譲っていただきました。
先輩ありがとうございます。

そうして、しばらく練習がなかったので手元になかなか届かなかったのですが。
遂に、今日この手にすることができました。

CIMG3379.jpg

これがその刀。

長さはこれまで使ってきた刀とほぼ一緒。
ただ、刀身がやや分厚く、重みがあります。
かと言って重すぎるわけでもなく、私にはちょうど良い重さ。

まあ、前の刀ずっと使ってたからそう思うだけかもしれませんがね。
考えてみたら前の刀も最初は重いと思ってたかなー。

中古だけあって、鞘にはやや傷がありますが刀身は綺麗なもの。
鍔も武骨で素敵。流石、先生お勧めだけあって良さげな一振り。

兎にも角にも、この刀を振るに値するように腕をもっと磨かねば・・・。
取りあえず、今は4月末に控えている昇段審査が一番の目標です。

何かテンションあがってきたー!!

でも、やりすぎて鞘壊さないようにしないと・・・。

Duca

気付いたら、300突破~。
何か、申し訳ない気がしてきました。こんな記事ばっか書いてるのに。

さて、気付けば私の大好きな歌い手がアルバム出してました。
慌てて通販申し込んだのが、数日前。

そして、午前中に電話してきておいて夕方に持ってきやがった糞郵便局員の手を経て、今手元にあります。

Duca氏の2ndアルバム「misty moon」。
半分近くは、「CUFFS SONGS BEST」と被ってるのですが、まあ良い・・・。

良い機会なので、ネタなかったし、ちょっとDuca氏について書いておこうかと。


最初に聞いたのはやったゲームに使われていたこの曲でした。

星に想いを夜に願いを



以来注目するように。

そうこうする内に気付けばどんどん増えて行ったような。
Wikiによると、それまでちょっとブランクがあったようですが。
ちょうど、多くなる時期に当たったようですね。


その次が、ゲームと相まってのめりこみまくったOPとEDだった2曲。

Aozora



happiness



この2曲は歌詞が特にお気に入り。
何か秋の情景が浮かぶし。こっから歌詞意識するようになったなー。
Aozora」はもう、好きすぎて気が狂ったみたいに聞いてましたね。

歌唱力という点では今一とは思います。
でも、歌詞が魅力的。
曲と親和性が高くて、とても心地の良い歌になっているからではないかと思います。


ひとひら



ゲームが同時期に出ているから、同じぐらいに聞いたはず。
燃え曲もたまに出すから侮れん。


アマオト



七色の空



これらの曲の為だけに、やっても居ないゲームのサントラ買う人がここに居ます。
雨の日に凄い聴きたくなります。


ラムネ



私が知るより大分前に出てた曲。
これも夏の情景が~。


更に、やったゲームのOPとEDだった2曲。
と言うか、歌だけでゲーム買った。その後、そのゲームは色々ありましたが・・・。

アイの庭



夢遥か



色々と疲れきっているときに聞いていると癒されました。

こっから、作曲家とのコンビ意識するように。
基本安瀬聖とコンビなんで、ほとんどですが。
坂井鳴人ともまたコンビやってほしいな~、と思う今日この頃。

あのブランドは、あのコンビで主題歌を作ることに味をしめたのか、その後も使い続けてますね。
ゲームの出来は時々アレだったりするけど。


そんなゲームだった代物の、OPとED。

いろんなカタチ



ツナグミライ



しかし、去年一番ぐらい聞きまくっています。


また同じブランドからのゲームのOPとED。こっちのゲームの出来は悪くなかった。

こころの種



Cafe



OPで明るく、EDでしっとり。
こころの種」みたいな、明るい曲も結構好き。
どうも、「Cafe」は一番ぐらいお気に入りみたいです、私。
再生数が、iTunesで歴代2位。多分、Walkmanの再生数加えれたら1位なんだろうな。






ゲームは途中で投げましたが。
この曲は失敗して凹んだ時に聞いては元気もらいました。


おお・・・気付いたらずいぶん貼り付けてた・・・。
大分厳選したはずなのに。

カラオケにあったら歌うんですが、今のところ無いですね。
歌えないのは承知。でも、歌いたい。

今年も何曲か良いのきそう、と言うか早速あるし。
これからも楽しみです。やっぱり音楽は、力になります。

「古色迷宮輪舞曲」感想

つ、疲れた・・・。と言うか、またアリスネタ。
そして、最早私は三桁近くやっている疑惑のあるループ物です。

構成
セーブ・ロードは基本なしで、間違えたんならその日を繰り返したり最初に戻ったりします。
失敗しても失敗しても繰り返される無限ループを体現したようなゲーム。

一応、通過したところに飛んだり、戻ったりは出来ますが。
死ぬリスクが一応かかるという、手間っぷり。

まあ、わざと繰り返させるのに意味があるので仕方ないですが。

シナリオ
序盤の失敗連鎖でうんざり。

まさか序盤の紅茶の入れ方一つで人が死にまくるとは思わなかった・・・。
つか、おかしいだろ。www
死んでも、死んだのが回復したり、他のが減ったりするのでそれで何とか切り抜けたのですが。
あそこが一番時間かかったな・・・。

知らんところで勝手に死にまくってたので、仕舞には「もう勝手に死ね」「良いから先に行かせろ」とまで思い始めました。
正味この時点でかなり心折れそうでしたが。
その一方で「何が何でもクリアしてやる」と火が付いたところもあります。

ループ物としては、シナリオどうだろうか。
結構王道、というかあんまり目新しい感じはしないですね。
この事象抜けることを最優先してあまりその辺吟味してなかったですが。w

でも、全部終わってみてみるとすげー単純・・・。
偽善者な神様が、色々と贔屓しまくった結果だったと。
巻き込まれただけの連中がかなり不憫な件。
神様は寛容なようでその実「まあ、死んでもどうせ生き返るなら問題ないよね」とか思ってそうでこえー。

キャラ
七日間じゃ・・・何も変わらない。
とは言い切れないんですが、まあ、こいつら忙しいし。w
キャラ描写が少ないのは仕方ないですね。

ぶっちゃけると、舞台装置となってしまっている感があります。

主人公があそこまで突っ走るのにも共感できなかったなー。
もう一人はまあ、事情理解したら出来たけど。
元々そっちの気があったとでも考えておきましょう。

システム
つーかーれーたー。
と言うか、こんな難易度高いゲーム久々。
昔やった、「YU-NO」思い出しました。
アイテム回収に、時間軸移動と、確かに被る。
あっちのが自由度上だけど。

会話などから、キーワードを入手し、キーワード投げられる場面に入るとそれを使える。
それによって、展開が変わったりします。

敢えて投げなかったり、間違ったキーワードでも派生。
キーワードも結構な量があるので、なかなか大変。
Hintもあるので、一応何とかなります。でも、死に近づく。w

というか、結構投げる場面見過ごしてた私。
スキップ中なら止まるから良いけど。
普通に会話中にいきなり出てきて、気付かずスルーすること多々。
まあ、事象移動で同じ場面に飛べばよいのですが。

色々出来るものの、その分「運命量」という値を消費するので、これも難しい。
やり過ぎると誰かしらこれが空になって死ぬもので。w

中断セーブは出来るけど、基本セーブ・ロードという概念がない。
別の展開に入るたびにオートセーブするので良いっちゃ良いのですが。

その分、選択肢総当たりとかは出来ない。
まあ、敢えて間違わせるところもあるんですけどね。

時間軸移動を使えば、死ぬリスクが高まるとはいえ、一応ロード代わりにもなりますし。
何にせよ結構不便。このゲームのシステム上仕方のないことではありますが。

場面移動ごとにオートセーブするせいで、スキップがいちいち止まるのが一番不便ですかね。
その一方で、フラグ大半リセットとかもあったりと、便利なのか不便なのか~。
まあ、そのリセットのおかげで3回もやり直したのですがね。

音楽
印象に残ってねー。

OPは妙に明るいなと思ったものですが。


相変わらず、tohkoは微妙だな。つか、変わってない。

総括
Hint22回使用しても、何とか自力でクリア。
最もコンプ自力はあきらめて攻略見ましたが。

総計プレイ時間は30時間超え。
私の場合は間違えてリセットしたのと、回収できなかったフラグの為にリセットわざわざしたので。
三周近くしたせいもありますが。

シナリオ的には凡庸。メタ的要素も入れているのは、面白かったですが。
あー、それもやっぱり前例あるな~。
元々、このジャンルは大分やり尽くされた感がありますからね。

やっぱり、このジャンルでは超お気に入りの古典があるのでどうしても比べてしまう。
どっちかと言うと原点回帰な気も。
でも、あえてそれをやったのは評価に値しますな。

一気呵成にやりたくなりますから。
何もやることがない、長い時間がある時のキルタイムにはぴったしな作品。
評価は、私的に佳作ぐらいが妥当。

「ハピメア」感想

最近、掃除の字がなぜ、排除の“”なのかを、身をもって思い知りました。
基本的に掃除する=捨てることだからです。

何か、感想書くの久しぶりだな~。
実は前のから、これまで二本程やっているのですが、あまり書く気にならなかったのです。
良くも悪くも。

大体私が感想書いてやろうと思ったのは個人的にお気に入りになったものか、
酷過ぎて言いたいことが溜まりまくったときだけなんですがね。
要はここは心情の掃き溜めです。

構成
八話+インタールード四つ。
派生は七話から。つまり、ほぼ共通が占める。
まあ、やってることは最終話以外ほぼ同じだし。

そして、全ルート後にTRUE・・・なのかな?
なんか、敢えて試してなかったけど、実は一周終われば行けそうな気もする。
この辺はフラグがバグってる気がする。

取りあえずネタばれ嫌なら、全員終わるまで新しい選択肢は試さない方が良さげ。

シナリオ
夢がテーマだけあって、だんだん夢と現実の区別がつかなくなってきます。w
実は日常でも私そういうこと多いですが~。
でも、微妙にしか覚えていない。覚えていたら、やっぱりこれの主人公のように脳が休めなくなりそう。
これはこれで、脳の防衛本能なのか。

何かこの構図見たことがあるな・・・。
と、デジャヴ。
夢であることとか、世界観をキャラが自覚していることを置いておくと。
私が大昔にやったゲームに似ている。
まあ、あれは実際には何が起こっているのかを解き明かすのが味噌でしたが。

こっちはざっと言うと、夢の世界に引き込まれて、現実無視して良い夢見させてくれると言う誘惑を振り切って現実に生きようとする話。

全てを怠惰な世界に・・・。
なんてセリフが思い浮かびました。

あー、確かにずっと寝てられる。しかも、望んだ夢を見続けられるっていうのは悪くないよな~。
人間やってることなんて、とどの詰まりは自己満足と思う私にとっては否定しきれない。

そこら辺は、登場人物も大体誘惑負けたり、寧ろ自分から進んで夢見始めたりと。
夢の中だけあって、大体皆エゴ丸出しに描写されていて実に私好み。

登場人物って、エゴ丸出しにするほど親近感湧く気がするのは私だけかな。w
まあ、エゴが出るってことはキャラ立ってるってことですしね。
共通で大体、各ヒロイン掘り下げ切ってるのもある。

しかし、個別はやや短いなー。
共通ではやってること役者変えて、全部変わるの最終話だけとか。
別にかまわないけど。

最終話では、攻略されているヒロイン以外も活躍するんで楽しいし。
いや、寧ろ攻略されている場合、へたれるというかダークサイド言っちゃうからそうではないのが頑張るのは必定か。

最終ルートはフラグが変なせいで、知らんことを知っていることにされていた。
・・・のは、置いておいて。
割と読め切ってた普通の展開。いえ、悪いわけではないです。

こう言う、全ルート乗り越えた上での展開ってのは実に良い。
これまでの積み重ねの上にこのEDと言うのは燃えます。
まあ、それまで微妙にかったるかったのはこの際置いておきましょう。

キャラ
けーこが可愛い。
最初のツンツン猫っぷりから、どんどん素直になっていくのは非常に可愛い。
どこでも、ここぞと言うところで、アグレッシブに行動してくれるので見てて気持ち良い。
良いぞ、もっとやれ。
最近気付いたんですが、肉食系は己の意志を貫いているという意味では嫌いではないようです。

妹ズは愛が重い・・・血のつながり以前な気がする。
ヤンデレ、ツンデレ、クーデレと何でもありだし。
・・・この分類はもう駄目だと思う今日この頃。

アリスは普通に、いや普通だからこそ可愛い。w
確かに主人公言うように、癖がないのこの子だけだな。


咲・けーこ絵の人は、微妙な表情の書きわけが巧いと思います。
笑っているようで微妙に笑ってない顔とか。w
無表情のようで微妙に、表情あるとか。w

セリフ途中で表情変わるという、細かい演出も良い。
ただ、文章聞き飛ばしてるので何か損した気になってしまう。

システム
行き届きすぎてて逆に不便に感じるのは私だけですか?
悪くは無いですけど。

微妙なマウスの動きにまで何かしらアクションが起きるのは勘弁して欲しい。
おちおちマウス動かせなくなるから。

それ以外は、文句のつけどころがないです。
他も良いところは導入してほしい。

音楽
「灰色の群像」、「幸福の残滓」が良い。
地味に「Strange Sister」も好き。



OPは雰囲気出ていて良かった。
歌単体としてはあまり好みではなかったけど。

総括
やや、ユーザーへのアンチテーゼのような気もしないでもない。
こっちも夢っちゃ夢だし。w

私好みにキャラが生きている良作。
なかなかに楽しい夢でした。所詮ただの夢ですが。

«  | ホーム |  »

プロフィール

佐々木四郎

Author:佐々木四郎
自称、欲望の肯定者。
バイク、特撮、アニメ、ゲーム、漫画、音楽、運動もそれなりに好きという何でもありの節操無しです。
人生楽しんだ者勝ちという、ポリシーを胸に今日もバイクで北の果てを行きます。(注:冬季除く)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (45)
一般ゲーム (1)
音楽 (4)
趣味 (51)
PCゲーム (9)
占い (1)
映画 (3)
書籍 (1)

ブロとも一覧


やまさんのお気楽雑記帳 2nd season

とろろろ・おろろ

検索フォーム

訪れたお客さま

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。